~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 椎茸の収穫時期です

こんにちは。今日も快晴ですね。女性の方は日焼け対策が必要なんじゃないかと思うほど太陽がまぶしく 気温も暖かいです。今日はテレビ局のクルーの方々が松丸駅で休憩されていました。何を取材に来られていたのかな?近々放送があると思うので、楽しみに待ちましょう。





今日は椎茸の話題です。
20130306_131454_convert_20130306153626.jpg

椎茸って、雨が降ればどんどん成長して次から次へと生えてくるので 1年中収穫できるような気もします。が、それがそうでもないようで。椎茸にも適切な収穫時期があって、収穫までの管理もなかなか大変とのこと。

今回は 町内で椎茸を栽培して50年以上のベテラン、「一野さん」にお話を伺ってきました。



一野さんのお宅に伺うと、原木に椎茸菌を打ち込む作業をしておられました。
20130306_135614_convert_20130306153735.jpg

一般的に、菌を打ち込む時期は 「梅の花が咲く頃から 桜の花が咲く頃まで」 が好ましいと言われています。
椎茸は、原木に菌を打ち込んで 実際に生えてくるまでに約2年かかるそうです。もちろん、場合によっては例外もあるとのこと。
クヌギの原木で4年、ナラの原木で3年は 椎茸が何度も生えるそうです。
20130306_135937_convert_20130306153822.jpg

自宅の作業場で菌の打ち込みが終わると・・・
20130306_135910_convert_20130306153757.jpg

何本もの原木を軽トラで山まで運び、そのあと一本一本丁寧に並べていきます。
20130306_132929_convert_20130306153716.jpg

この作業を一人でされているとのこと。御年76歳の一野さん、本当にタフです!
20130306_131428_convert_20130306153603.jpg

椎茸は今の時期に収穫します。夏場は気温が高すぎて生えない。逆に冬場は気温が低すぎて成長が遅く、さらに椎茸が凍ってしまうことも。
じゃあ真夏になる前の梅雨の時期なら大丈夫では?と思いきや、梅雨は雨が降りすぎてダメ。

そのため梅雨の時期は原木を裏表ひっくり返す「天地変え」という作業を行うそうです。日光や雨の当たる部分を変えて原木全体から椎茸が生えるようにします。ひと手間かけてこの作業をすることで、さらに椎茸の収穫量が増えるのです。

この時期の雨が降った翌日・翌々日あたりが収穫にベストです。
20130306_132816_convert_20130306153657.jpg

気を付けなければいけないのは天候だけではありません。一野さんの山でも動物被害が深刻化しています。
松野町で年々急増しているシカが椎茸を食べ漁り、イノシシが原木を倒し、サルは食べるわけでもないのに原木から椎茸を搔き落とすのです。
「防護ネットを張ってもあんまり意味がないけんねぇ。今はそれにほんと苦労しとるんよ」と一野さん。
この悩みは町内の農家の方全員が抱えている大きな問題です。
20130306_132132_convert_20130306153640.jpg

てまひまかけて収穫した椎茸は、道の駅 虹の森公園 青空市場にてお買い求めいただけますので、ぜひ一度ご賞味ください。
一野さんにオススメの食べ方を尋ねると、「マヨネーズを笠の内側に乗せて、じっくり焼いて、頃合いを見てかぶりつくのがいいよ。」とのこと。よし、今晩は椎茸に決めました。さっそく試してみます!
IMG_7796_convert_20130306170310.jpg





ふと一野さんの家の庭にあった木を見上げると、それはなんと桜!!
20130306_135201_convert_20130306154151.jpg

すでに三分咲き状態!こんなに開花の早い桜、珍しいです。ビックリしました。
20130306_135318_convert_20130306154131.jpg





明日は別仕事の都合によりブログ更新が休みです。次回更新は金曜日です。よろしくお願い致します。

下田






コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。