~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • シロウオ展のご案内

こんにちは。今日はバレンタインデーですね。出勤するまで忘れていました。笑
男3人の我々 観光宣伝隊もたくさんのチョコレートを頂きました。中には バレンタインチョコ ならぬ バレンタイン巻き寿司 といった、珍しいプレゼントも頂きました。皆さま、本当にありがとうございます。
IMG_7465_convert_20130214160346.jpg





では、今日の話題です。

道の駅 虹の森公園内の「おさかな館」にて、現在 2月28日(木)までの期間限定で『春の風物詩 シロウオ展』が開催されています。
IMG_7456_convert_20130214160312.jpg

シロウオとは・・・
シロウオは、1年で生涯を終える「年魚」と呼ばれる魚です。繊細でガラス細工のような体をしていて角度によっては虹色に輝くことも。
「シラウオ」と姿・形が大変よく似ているため 混称されることが多いのですが、本当は全く違った魚です。
早春になると産卵のため川を遡上ってくるので、「春を告げる魚」としても有名です。
愛媛県では、毎年1月の最終日曜日に 宇和島市津島町の岩松川河川敷 で開催される「しらうおまつり」が有名です。
IMG_7447_convert_20130214163231.jpg

今回は おさかな館副館長の「山本さん」にお話をお伺いしました。

シロウオの飼育で心がけていることはなんですか?と尋ねると、山本さんは『一番は水温ですね。できるだけ水温を低くして飼育することでシロウオを綺麗に見せることができます。シロウオは年魚で 産卵時期は早春、なので産卵を終えたシロウオからどんどん死んでしまいます。水温を低くして冬の環境を長く保つことで産卵時期を遅らせ、展示期間の2月いっぱいは生きるように調整しています。』とおっしゃっていました。

水槽の中には、まだたくさんのシロウオが泳いでいます。今が最高の見頃です。
IMG_7452_convert_20130214160256.jpg

シロウオの巣作り・産卵・子育ての様子を観察できるブースもあります。
実際に巣の様子を覗いてみましたが、小さな命が一生懸命いのちを繋げようとしている姿がとても美しかったです。
IMG_7458_convert_20130214160326.jpg

シロウオの生態を観察できる貴重なチャンス、是非一度 虹の森公園「おさかな館」に足を運んでみてください。



おさかな館
営業時間:10:00~17:00
入館料 :大人¥800 小・中学生¥400 3歳以上¥200
定休日 :毎週水曜日
お問合せ:TEL 0895-20-5006

下田

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。