~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 霞始靆(かすみ はじめて たなびく)

花粉も舞う季節。
みなさま、いかがお過ごしですか?

matsuno_morinokuni_blog_CM1.jpg

二十四節気の次候は霞始靆です。 霞がたなびき始める候という意味ですが、春になると大気中に水滴や細かな塵(ちり)が増え、
霧(きり)や靄(もや)も頻出し、遠くの景色がぼやけて見えることがあります。 先人達はこれを「霞(かすみ)」と呼んでいました。

歳時記をみると、霧は秋の季語。 春にでる霧は霞(かすみ)、そして夜の霞は朧(おぼろ)です。 霞・霧と、靄(もや)との違いは、視界が1km以上の場合が靄、1km未満のときに霞や霧と区別されています。

同じ現象を言い表すのに季節ごとに時間ごとに 使われる言葉が違う。 日本語の細やかさを松野町では実感することができます。


今日は2/21(日) に開催された、菓子工房Kazu様の主催による第2回松野サイクリングミーティングの様子をレポートいたします。
matsuno_morinokuni_blog_CM3.jpg

昨年 大盛況に終わった「滑床トコサイクリング」。 風土を食を感じていただき、大人から子供まで みんなが楽しめる自転車イベントとして菓子工房Kazu のご主人が発案・主催をされた企画です。 その後も同様のイベント開催のリクエストがたくさん届き、今年1月に第1回松野サイクリングミーティングが開催されました。 間髪入れずの2ヶ月連続開催! 今注目のイベントですよ♪

第2回は目黒地区と滑床エリアを舞台にした猪鹿蝶(鳥)サイクリングがテーマ。 
コースは松野町目黒基幹集落センター集合・発着の全長14kmのコース。 滑床渓谷万年荘の折り返し地点で、猪・鹿・鶏を味わっていただきます。
matsuno_morinokuni_blog_CM2.jpg
休憩所(エイド)ステーションともなった万年荘。

matsuno_morinokuni_blog_CM4.jpg
matsuno_morinokuni_blog_CM5.jpg
猪鍋

matsuno_morinokuni_blog_CM52.jpg
鹿はソーゼージ! ソーセージやマシュマロを焚き火で炙ってエネルギー補給です。

鶏はなんと
matsuno_morinokuni_blog_CM6.jpg
松野のお米をダッチオーブンで炊いて、松野町の卵を堪能していただきます。

matsuno_morinokuni_blog_CM7.jpg
景色と食事で松野町を楽しんでいただく1日となりました。

みなさまも、松野町のご案内をするときは是非とも参考にしてみてくださいね♪


今日も素晴らしい1日を!
森の国から お届けしました。

文:よしのぶ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。