~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 水沢腹堅 (さわみず こおりつめる)

週明けから一段と寒さが厳しくなっておりますね。
みなさま、いかがお過ごしですか?

matsuno_morinokuni_blog_icicle1_160126.jpg

昨日から大寒の次候・七十二候の水沢腹堅に入っております。 それ自体としては「沢に氷が厚く張りつめる」などといった意味ですが、氷瀑を連想させる言葉でもあります。  氷瀑と言えば、滑床渓谷大嵓の滝。 昨シーズンは気温が高く、見ることが叶わなかったようですが、先週から寒さが続いている今年は 凍ってくれますでしょうか? 楽しみになってきました。

大嵓の滝は険しい山道を通る必要がありますが、雪輪の滝までの遊歩道でもこの季節を感じることができます。 上の写真もその一つですが、しぶき氷柱(つらら) です。
一般的な氷柱は、逆三角すいで真直ぐシュッと下に伸びていますが
matsuno_morinokuni_blog_icicle2_160126.jpg

しぶき氷柱は、沢の水しぶきが冷え固まりますので凸凹なスタイルになるのが特徴です。
matsuno_morinokuni_blog_icicle1_160126.jpg

木の根でも、しぶきを浴びれば凍ります。
matsuno_morinokuni_blog_icicle3_160126.jpg

断続的にしぶきが当たるのは渓谷ならではの風景です。
寒い季節ですが、夏とは違う滑床を楽しんでくださいね。


今日も楽しい一日を!
森の国から お届けしました。


文: よしのぶ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。