~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
暖かそうな上着を羽織っている方が目立ってきましたね。
みなさま、いかがお過ごしですか?

先日もご紹介させていただきました「えひめいやしの南予博2016」のポスター
matsuno_morinokuni_blog_nanyo_151017.jpg
舞台となった滑床渓谷・出合滑の今週の様子です。
matsuno_morinokuni_blog_deainame_151017.jpg
紅葉シーズンはすぐそこ!といった感じですよ。楽しみですね。


matsuno_morinokuni_blog_kirigirisu_151020.jpg
そして移りゆく季節ですが、今週(19日)からは寒露の末候・蟋蟀在戸に入っております。 戸口で秋の虫が鳴く頃。 キリギリスは、別名機織(はたおり)虫とも呼ばれています。 ギーッと鳴いて、一息ついてチョンと鳴きくことが由来です。 けれども、平安時代にキリギリスと呼ばれたものは、「ツヅレサセコオロギ」のことでした。 リーリーリーと、衣の綴れを刺せという音を聴いて、平安歌人は歌を詠みます。『新古今集』の西行が詠んだのは、きりぎりすではなく、この「つづれさせこおろぎ」のことでした。

きりぎりす 夜寒に秋の なるままに よわるか声の 遠ざかりゆく

夜のリッラクスした時間に 秋の虫の音を楽しんでみてはいかがですか?


今日も素晴らしい一日を!
森の国から お届けしました。

文: よしのぶ

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。