~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
5月も最終日、早いものですね。
みなさま、いかがお過ごしですか?

先日、滑床アウトドアセンターにMTBプロライダーの門田基志選手が来てくれました。
プロ仕様の自転車に スタッフ一同 釘づけです。
matsuno_morinokuni_blog_bicycle_150525.jpg


トッププロでありながら地元・愛媛県で活動を続ける門田選手、滑床渓谷を絶賛してくださいました!
滑床アウトドアセンターは「なんよサイクル オアシス」の機能も兼ねており、サイクリストの訪問も多いんですよ。
matsuno_morinokuni_blog_mrkadota_150525.jpg
記念写真にも快く応じてくれました。 嬉しかったです。

松野町は「宇和島・四万十だんだん街道」コースにも含まれていますし、虹の森公園ではレンタルサイクルもありますので、これからの季節は特に気持ちよく楽しんでいただけます。
愛媛マルゴト自転車道 HP
虹の森サイクルレンタル HP

みなさま、是非 遊びにいらしてくださいネ。

楽しい日曜日を!
森の国から お届けしました。


文: よしのぶ

コメント

サイクリング…というよりも、自転車についての思い出を一つ、二つ。
昔々、純粋で可憐(私の独断と偏見と強い希望含む)な中学生の頃…毎日登下校していた急傾斜の坂で、派手に転んだことがございます。
下校時の下り坂は、上手くブレーキ操作しないと、大変デンジャラスです。それを分かっていて…分かっていたのに、あの日は、あれよあれよと言う間に、ぐんぐんぐんぐん加速して、タイヤが左右に波打つよ~になり…転けました。 膝からは、タラリと赤いものが出ましたが、そこは、ほれ、まだまだ恥じらいのある少女だった私は、傷よりも、『ゲッ、ヤベッ。誰かに見られてたら、恥ッ』と心の声に背中を押され、兎に角、一秒でも早く、その場から離れようと、自分よりも重傷の自転車を鞭打って、漕ぎに漕いだのでした。
あの出来事で学んだのは、【傷は、後からジンジン痛む】ということです。
最初はアドレナリンがどばーっと出て、痛みを感じないけれど、後から、傷口をじっくり見ている内に…い…痛ッと。
もう一つの自転車にまつわる思い出は、やはり、純粋で可憐で松野小町と呼ばれていたとかいないとか…中学生の頃のことです。
当時、家には、シェパードと雑種のmix犬を飼っていて、子犬の頃は、少しは可愛げもあり、散歩するのも苦では無かったけれど、当然の事ながら無邪気だった子犬は段々と大きくなり、アホさにも磨きがかかり、世話係の私は、生来のぐ~たらさが幅をきかせ、犬と私、双方が反相思反相愛の関係でした。多分。
で【ヘルメット】事件が起こるのです。
自転車通学生は、ヘルメットが必須だった、あの頃…朝、いつものように、自転車に乗ろうと思ったけれど、無い無い…ヘルメットが、無い。よく探すと隅っこにヘルメットが小汚く(←ここ重要)転がっていました。
持ち上げると、何かが、コロッと…。
犬の歯でした(ヘルメットには無数の噛み痕が)
あんにゃろ~、私に直接噛みつくと、何十倍にもなって仕返しされると思ったのか、日頃の恨みをヘルメットにぶつけたみたいです。
アハハハハ。はぁ(溜め息)
すみません。二つ目は自転車というよりもヘルメット。ヘルメットというよりも、愛犬との思い出でした
さいくりんぐさいっくりんぐ♪
皐月さま、
純粋可憐な松野小町のまさかの流血ネタ2本。 失礼ながら笑わせていただきました。
6月から自転車の規制も厳しくなりましたので、町の子供たちも気を付けて自転車を楽しんでいただきたいですね!
コメント、ありがとうございます!
神無月さま、
コメント、ありがとうございます。
サイックリングは楽しいですねぇ♪

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。