~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 久しぶりの雨の松野町です。

 おはようございます。

今朝は、雨音で目が覚めました。カーテンを開け、外を見ると、久しぶりの雨・・・。

確かに、雨の欲しい所だったしちょうど良いか。


ぽっぽ温泉帰りのお客さんをパチリ。温泉と駅がセットの松丸駅ならでは。もうすぐ列車が来ます。
004_2013092814473916a.jpg 
ホビートレインの後ろに、今日はサイクルトレインが付いていました。
005_20130928144737cb4.jpg
今日は、雨でしたが、サイクルトレインご利用のお客様もおられ、乗り込み中。
006_2013092814473635c.jpg 
車内には、自転車を止めるロープが何本もあり、自転車を安全に運びます。
009_20130928144809295.jpg
 
サイクルトレインは、通常のお一人様料金のみ(自転車の車両運搬代金は不要)で移動可能。おすすめな交通手段です。
012_20130928144808f51.jpg
 

と話は全く変わりますが、最近自分達が子供の頃使ってた「方言」を、ほとんど聞かなくなった気がします。
また「とうちゃん」「かあちゃん」とか普段使いする子供も、ほとんど見かけず・・・。

「パパ」「ママ」が大半でしょうか?

方言としては、自分が子供の頃は語尾に「が」を付けた言葉がデフォルト(標準と言うか普通)でした。

本当にそんな話ある?⇒本当にそんな話ある
本当な?⇒本当な

また、すごいの表現は、ほとんど「がいな」で通じ・・・。ひどかった大変だった、も「がいな」で・・・。
すごい雨、豪雨⇒がいな

変則的に「がいに」・「がいや」も使っていましたが。

地理的に、高知県境に位置し、語尾に「が」を付ける所等良く、似ていると思います。
高知方面の人が使う言葉で、語尾に「が」付く喋りを聞くと、ほんわかと・・・懐かしい気持ちに・・・。

他にも色々ありますが
~とか言って⇒~じゃの言うち 
随分前に、友達同士の話で、この「じゃの言うち」を会話の中で使い「もう、じゃの言うち、じゃの、もう使うなよ」「じゃの言うち」と延々ループさせ、腹がよじれる程笑った事がありますが、読んでも、この感じ伝わりづらいでしょうね(笑)

普通に、とか言ってを使うと、「もう、とか言ってをつかうなよ」「とか言って」で、笑うような感じです。

思い出すと色々他にも「ち」も使っていた気がします。

何なにをして⇒何なにをしち

行っきて、見てきて⇒いっちきち、みちきち

アレンジで、いっちきちみちきちこうちきちたべちみち
句読点を入れず、一気に書くと、もう何がなんだか(笑)
ほとんど、チキチキバッタみたいな、響きになっています。

答え:行ってきて、見てきて、買ってきて食べてみて

通常の「て」の部分が「ち」になっています。また、買うが、少し関西的な「こうて」に変わりの所がになっています。

ん~微妙な(笑)感じですね。


以前の話ですが、仕事先の知り合いで、熊本の八代の人と話していて方言の話になり、その彼が真剣に「おいどんなんち、方言ち、使っちなかっちよ!」

おいどんから始まり・・・最後は、使っちなかっちよ・・・って。
参りました


しかし、方言っていいですね。その地域ならではの文化、歴史も感じられ、何より素朴な空気が自分は好きです。





って、それでは、また⇒ほんじゃの~



文:いのうえ





コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。