~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • すぐ隣の町にある、日本一のモミの木

こんにちは(*^^)v
皆様・・・毎日とっても~暑いですね(~_~メ)
日曜日は雨が降り寒く、体調管理が大変な時期になりましたねぇ。
気候に負けないように、ガンバッテ行きましょう(^^)

こんなに暑いと、涼しい所に行きたいと思いませんか?
 

本日は・・・近隣、高知県四万十市(目黒の隣集落)
の、情報をお伝えしたいと思います。


今回のこのお伝えする樹木は
四万十市の日本一のもみの木です。
03200.jpg
035ooo.jpg 
名所は・・・新玉様の樅(もみ)の木といわれております。

所在地は・・・高知県西土佐村津賀町の民家横にございます。
新玉神社(荒若神社)
推定樹高 27,0m
幹周  (地上1,3m)7,8m

全国巨木調査樹木別 {もみ}ランキング第1位  1991年度環境庁にて
0411.jpg  0431.jpg 
由来は昔、壇ノ浦の戦いで破れた平家一門である新玉丹後兄弟三人が、この地に逃れ住み着いたと云う。
兄二人は農協←(農業・・・(汗)ですね:いのうえ)に従事し、丹後は弓の名人であったため、その特技を生かして毎日山に出かけて猿や鹿を追って
生活をしていた。 ある年の冬、この地に魔神が出没し、災いを受ける村人が相次いだため、
丹後は魔神を討つべく山奥に入った。
その年の大晦日もいつものように魔神を探して山に分けいった。

元旦になっても帰らないので、心配する兄たちは、身支度して山奥深く捜索したと云う。
尾根伝いに伊予の国まで行こうかとする頃、遥か下の谷間に、世にも恐ろしい魔神が倒れ、
その後災いを受ける村人も無く、以来(新玉神社}として、この「丹後兄弟」を祭った。
今もこのもみの木には、丹後の根性が生きていると伝えられている。そうです。

もみの木のそばには、きれいに神様が祭られていました。
0451.jpg 
0481.jpg  0531.jpg 
木の周辺は、緑の匂いが漂い・・・涼しい~空気に癒されました。
 私も、初めてあのような木を、拝見しました。 
歴史の樹としてすごく~りっぱな樹木でした(^_^.)
私が、両手をひろげて、4回ぐらい回らないといけない、大きさです。
所どころ補正されており、大切に管理されておられました。

今でも町内の方々が、大切に管理されて居られるようです。

そして・・・町内の皆様が、撮影に行った際は優しくご協力して頂きありがとうございました。 
松野町にも、このもみの木に負けない巨木があります。
ただ今、取材中ですので・・・少々お待ちくださいませ。


  







観光宣伝隊 清家でした(*^^)v

コメント

コメントの投稿

   管理者にだけ表示を許可する
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。