~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 天が滝 桜まつり のお知らせ

こんにちは。3月15日(金)いかがお過ごしですか?

今日は 奥野川地区にある「天が滝」の近辺で開催されるイベント、『天が滝 桜まつり』のお知らせです。

今回お話を伺ったのは、奥野川分館 分館長「上岡さん」です。

来たる3月31日(日)、奥野川上組の 天が滝 近辺で『桜まつり』が開催されます。時間は10:30~15:00頃までです。
P1010006_convert_20130314135706.jpg

これまで、昔から秋には2年に1度「紅葉まつり」を開催していたのですが、昨年から新しく「桜まつり」を毎年開催することとなりました。桜まつりは今回で2回目です。



主催者の上岡さんに開催までの経緯を伺いました。

上岡さん:「元々は地元のおばちゃんらに 活躍の場を与えてあげたかった ってことがキッカケで、この桜まつりを企画したんよ。奥野川分館は4つの組に分かれとるんやけどね、その各組が自慢の1品ずつを持ち寄って、会場に来てもらった人に振舞うんよ。 特産品に認可されとる食べ物もあるし、桜と滝を一緒に眺めることができる場所もあるし。奥野川の魅力がもっとたくさんの人に伝われば、そして奥野川がどんどん活性化していったら、みんな嬉しいしね。」

上岡さんは本当に地元を愛している、とても素敵な方でした。
P1010007_convert_20130314135726.jpg

当日は、先日お伝えした手作りコンニャク・ちらし寿司・豚汁 など、食べ物の無料配布や販売が主に行われます。

また、餅つきも行われ、つきたての餅の販売もあります。
前回の桜まつりには、松野町長にも参加していただき、地元の皆さんと一緒に餅つきを楽しまれました。
P1010011_convert_20130314135750.jpg

3月最後の日は、天が滝に咲く満開の桜を眺めながら、絶品料理に舌鼓。ぜひ、足を運んでみてください。





さて、本日を持ちまして森の国観光宣伝隊ブログ「~森の国からの風便り~」を終了致します。

ご愛読いただいた皆さま、本当にありがとうございました。

取材に快く応えていただいた皆さま、本当にありがとうございました。

私自身、取材をして はじめて知ったこと や はじめて行った場所 がたくさんありました。

このブログを通してお伝えできた「松野町の魅力」は、まだ ほんの一部です。

まだまだ松野町には至る所に魅力が転がっています。

松野町にお立ち寄りの際には、その魅力を探してみてください。

半年間、本当に ありがとうございました。


観光宣伝隊一同
スポンサーサイト
こんにちは。昨日は大雨・今日は晴れているものの冷たい風が時折強く吹いています。
全国的にも天気が荒れているようです。なんでも、「記録的な寒さだった2月の寒気がまだ残っているところへ、3月の穏やかな気候がぶつかったため 強風・大雨となった」らしいです。
ぼく個人としては、大雨で一気に花粉が落ちて・強風で一気に落ちた花粉が飛んで行ってくれれば それでオールオッケーなんですが・・・笑





松丸駅構内 展示ギャラリーにて好評開催中の『滑床の森写真展 ~冬の思い出~』が、いよいよ明日最終日です。
一度ご覧になられた方も そうでない方も、ぜひ足を運んできてください。
なお、午前10時頃から次回開催の個展準備を開始しますので、できればそれまでにお越しいただけたらと思います。よろしくお願いします。
IMG_7798_convert_20130314143808.jpg





今月20日(水・祝)に開催される『森の国ライド2013 四万十川サイクルツアー』の関係者の皆さんが 本日松丸駅を訪れ、当日の動線や危険箇所などの確認をされていました。
〆切前に定員人数に到達。当日はたくさんのサイクリストが町内をロードバイクで駆け抜けます。
参加される皆さん、体調を整え 当日は春景色の松野町を堪能してください!
IMG_7910_convert_20130314143827.jpg





町内各地のこうした竹藪では、春ならではのあるモノがちらほらと・・・
IMG_7905_convert_20130314135647.jpg

そう、タケノコです。これからいよいよ旬を迎えます。昨日の大雨のおかげで、あと3日もすればタケノコが大きく成長するそうです。

この季節の晩酌は、野武士 と タケノコ なんていかがでしょう。
IMG_7895_convert_20130314135536.jpg





さて、昨日のブログで 渡辺さん が言っていたように、森の国観光宣伝隊ブログ「~森の国からの風便り~」は、明日15日(金)をもって終了となります。この半年間、このブログを通して 1人でも多くの方に松野町の魅力が伝わるようにと活動してきました。
「いつも見てるよ」 「感動しました」 「またいつでも取材に来ていいけんね」 と、たくさんの方から様々なお言葉をいただきました。本当に感謝感謝です。
半年間かかさずチェックしていただいた方もたくさんおられます。本当に皆さま、ありがとうございました。

明日、最後の更新は「奥野川地区」からの風便りです。お楽しみに。

下田
オイッス!

どうもお久しぶりです。

今回は、毎度行って来ました

おかあさんレストランです。

まずは、この写真です。


この時期に咲く桜です。

名前は…なんか「ザンネン」桜?的な

ニュアンスだったのですが、

忘れちゃいなした…


それはさて置き

気温も大分温かくなって来ました。

そんな所に…


何処ぞの大学生の自転車部が、

集団で虹の森に来てくれました。

やはりこの季節になると

風を斬って走りたくなりますもんね(笑)

来週20日、春分の日に行われる

サイクリングイベント

「サイクルトレイン」

は、最高のイベントになると

きたい最高潮です。



実際に、日差しも心地よく

来てくれた大学生の中には

半袖、半ズボンの人もいたくらいです。

さて、再来週の
「おかあさんレストラン」は

26日火曜日です。

来週も是非、来て下さい。


それから、このブログを
見ていただいてる方々にご報告が
あります。

大変申し訳ないのですが、
このブログは、今週を持って
終了とさせて戴きます。

ちなみに、「私」こと「T」こと
「渡辺」は、今日にて終了とさせて戴きます。

本当に皆様、ありがとうございました。

後、2日間ではありますが
お付き合い頂けたら幸いです。

よろしくお願い申し上げます。

渡辺
  • 手作りコンニャクのご紹介

こんにちは。今日は食べ物の話題です。





毎年 10月末~5月初めにかけて「手作りコンニャク」の生産が行われています。
奥野川地区にある加工場で生産された 手作りコンニャク は、道の駅 虹の森公園 青空市場でお買い求めいただけるほか、毎月第2・第4火曜日に 虹の森公園内 レストラン遊鶴羽で開催されている「お母さんレストラン」というバイキングでもお召し上がりいただけます。

今日はその加工場を取材しました。手作りコンニャク生産の様子をお伝えします。





今回の取材にご協力していただいたのは、「松野町生活研究協議会 みのりグループ」の皆さんです。

みのりグループの皆さんは、地域の行事 や お母さんレストラン といった、イベントで提供したいと依頼があった時にコンニャクの生産を行っておられます。また、原料の「コンニャク芋」がたくさん収穫できた時は特別に生産し、虹の森公園 青空市場に並べられます。



こちらがその「コンニャク芋」です。コンニャクは食物繊維が豊富のため、お腹の中の悪いものを全て掃除してくれます。体にとても優しい食べ物です。
1kgのコンニャク芋から だいたい10丁程度のコンニャクが生産できます。
IMG_7884_convert_20130311134857.jpg

まず最初の工程です。コンニャク芋をこの大釜で湯がきます。約1時間湯がいたら、皮を剥きます。
IMG_7825_convert_20130311134245.jpg

次に、一口大にカットしたコンニャク芋をミキサーにかけてトロトロにします。
IMG_7818_convert_20130311134218.jpg

それが終わると、攪拌機(かくはんき)でよく混ぜます。こうして練ることでトロトロだったコンニャク芋がなめらかになり、少しずつ固まってきます。
攪拌機がなかった頃は、この 練る 作業を約2時間かけて手作業で行っていたそうです。
IMG_7831_convert_20130311134318.jpg

写真では分かりづらいですが、下の写真が 攪拌機にかける前とかけた後の比較です。
かける前IMG_7829_convert_20130311151743.jpg
かけた後IMG_7832_convert_20130311151800.jpg

よく混ぜ終わると、そこにこの液体を加えます。
これは、木を燃やした後の灰を丁寧に濾し布で濾した「灰の灰汁」です。
IMG_7834_convert_20130311134440.jpg

これを一気に混ぜます。この段階で初めていつも食べているコンニャクの匂いがしてきました。
加える灰汁の量は、芋の乾燥の具合などで変わってくるそうです。皆さん長年の経験でベストな量を見極めます。神業です。
IMG_7837_convert_20130311134459.jpg

これをもう一度攪拌機でよく混ぜます。
IMG_7840_convert_20130311134529.jpg

するとこのように粘り気のあるコンニャク芋になりました。
IMG_7844_convert_20130311134600.jpg

これを1丁ずつ取り分け、きれいな玉に整形して最後にもう一度湯がきます。
湯がいているときに玉が割れないように空気を抜いておくのがポイントです。
IMG_7858_convert_20130311134624.jpg

約1時間湯がくと、完成です。
このコンニャクがIMG_7864_convert_20130311151821.jpg
こんなに大きくなりますIMG_7869_convert_20130311151839.jpg

冷ますと元の大きさに戻ります。

今日生産したコンニャクは、明日開催される お母さんレストラン でお召し上がりいただけます。
明日のランチは是非、虹の森公園内 レストラン遊鶴羽にお越しください。
手作りこんにゃく、絶品ですよ!
IMG_7883_convert_20130311134824.jpg

下田
  • 森の国ライド2013 四万十川サイクルツアーが開催されます

こんにちは。今日も清々しい快晴です。この穏やかな春の気候にピッタリのイベントが開催されます。



高知県との県境にある松野町には、宇和島駅(愛媛県) と 窪川駅(高知県)を結ぶ「JR予土線」という汽車が走っています。

この度、そのJR予土線で「サイクルトレイン」という列車を期間限定(期間中の土曜・日曜・祝日のみ)で運行することとなりました。
繧オ繧、繧ッ繝ォ繝医Ξ繧、繝ウ+縺ォ繧・s繧亥捷_convert_20130308145838

サイクルトレインとは・・・?
自転車を解体せずに鉄道車両内に持ち込むことができるサービスです。
自転車を解体することなく列車内に持ち込むことができるという点で、出発地から近くの駅まで自転車で移動し その自転車を持ち込んで列車に乗車し 目的地の近くの駅で下車してすぐに自転車に乗り移動することができるというメリットがあります。

ここ数年、ロードバイクでサイクリングしながら観光スポットを回るという方をたくさん見かけます。
そういった方々にどんどん活用していただいて、サイクリングで足を延ばせる範囲をもっと広げていただけたらと思います。




今回、森の国ライド2013実行委員会では、サイクルトレインの運行に合わせてイベントを開催致します。
そのイベントがこちら、『森の国ライド2013 四万十川サイクルツアー』です。
譽ョ縺ョ蝗ス繝ゥ繧、繝・013+蝗帑ク・香蟾昴し繧、繧ッ繝ォ繝・い繝シ_convert_20130308145741

伊予と土佐がクロスする独特の生活と文化。そこを縫ってトコトコ走るJR予土線のサイクルトレイン。
緑を満喫できる「四万十グリーンライン」と呼ぶにふさわしいサイクリングコースをご用意しました。
IMG_3308_convert_20130308145022.jpg





先日、スタッフで試走を行いました。
DSC05763_convert_20130308144936.jpg

心地よい春の日差しと、熱った体に流れる心地よい冷たさの風。サイクリングには最高の季節です。
目立った危険箇所もなく、安心して走行することが確認できました。
DSC05756_convert_20130308144916.jpg

もちろん、ご覧のように沈下橋も渡ります。これぞ四万十サイクリングの醍醐味です!
DSC05754_convert_20130308144854.jpg





このイベントに参加を希望される方は事前の申し込み予約が必要です。

参加定員は 先着30名・参加料 無料 。

参加条件は 各自転車をご持参できる方(ママチャリ不可) です。自転車をお持ちでない場合はレンタサイクル(有料)をご用意します。

申し込み先・お問合せは、森の国ライド2013実行委員会 TEL:0895-42-1111 までお願い致します。
申し込み〆切は3月18日(月)必着です。

現在、たくさんの方に申込みいただき空席が少なくなってきております。
お早めのご予約をオススメします。
IMG_3347_convert_20130308145049.jpg

この機会にぜひ一度 自慢の愛車でサイクリング・のんびりサイクルトレインに揺られながら、美しい四万十川の景観とのどかに拡がる田園風景を 見て 触れて 感じてみてください。

下田
  • 椎茸の収穫時期です

こんにちは。今日も快晴ですね。女性の方は日焼け対策が必要なんじゃないかと思うほど太陽がまぶしく 気温も暖かいです。今日はテレビ局のクルーの方々が松丸駅で休憩されていました。何を取材に来られていたのかな?近々放送があると思うので、楽しみに待ちましょう。





今日は椎茸の話題です。
20130306_131454_convert_20130306153626.jpg

椎茸って、雨が降ればどんどん成長して次から次へと生えてくるので 1年中収穫できるような気もします。が、それがそうでもないようで。椎茸にも適切な収穫時期があって、収穫までの管理もなかなか大変とのこと。

今回は 町内で椎茸を栽培して50年以上のベテラン、「一野さん」にお話を伺ってきました。



一野さんのお宅に伺うと、原木に椎茸菌を打ち込む作業をしておられました。
20130306_135614_convert_20130306153735.jpg

一般的に、菌を打ち込む時期は 「梅の花が咲く頃から 桜の花が咲く頃まで」 が好ましいと言われています。
椎茸は、原木に菌を打ち込んで 実際に生えてくるまでに約2年かかるそうです。もちろん、場合によっては例外もあるとのこと。
クヌギの原木で4年、ナラの原木で3年は 椎茸が何度も生えるそうです。
20130306_135937_convert_20130306153822.jpg

自宅の作業場で菌の打ち込みが終わると・・・
20130306_135910_convert_20130306153757.jpg

何本もの原木を軽トラで山まで運び、そのあと一本一本丁寧に並べていきます。
20130306_132929_convert_20130306153716.jpg

この作業を一人でされているとのこと。御年76歳の一野さん、本当にタフです!
20130306_131428_convert_20130306153603.jpg

椎茸は今の時期に収穫します。夏場は気温が高すぎて生えない。逆に冬場は気温が低すぎて成長が遅く、さらに椎茸が凍ってしまうことも。
じゃあ真夏になる前の梅雨の時期なら大丈夫では?と思いきや、梅雨は雨が降りすぎてダメ。

そのため梅雨の時期は原木を裏表ひっくり返す「天地変え」という作業を行うそうです。日光や雨の当たる部分を変えて原木全体から椎茸が生えるようにします。ひと手間かけてこの作業をすることで、さらに椎茸の収穫量が増えるのです。

この時期の雨が降った翌日・翌々日あたりが収穫にベストです。
20130306_132816_convert_20130306153657.jpg

気を付けなければいけないのは天候だけではありません。一野さんの山でも動物被害が深刻化しています。
松野町で年々急増しているシカが椎茸を食べ漁り、イノシシが原木を倒し、サルは食べるわけでもないのに原木から椎茸を搔き落とすのです。
「防護ネットを張ってもあんまり意味がないけんねぇ。今はそれにほんと苦労しとるんよ」と一野さん。
この悩みは町内の農家の方全員が抱えている大きな問題です。
20130306_132132_convert_20130306153640.jpg

てまひまかけて収穫した椎茸は、道の駅 虹の森公園 青空市場にてお買い求めいただけますので、ぜひ一度ご賞味ください。
一野さんにオススメの食べ方を尋ねると、「マヨネーズを笠の内側に乗せて、じっくり焼いて、頃合いを見てかぶりつくのがいいよ。」とのこと。よし、今晩は椎茸に決めました。さっそく試してみます!
IMG_7796_convert_20130306170310.jpg





ふと一野さんの家の庭にあった木を見上げると、それはなんと桜!!
20130306_135201_convert_20130306154151.jpg

すでに三分咲き状態!こんなに開花の早い桜、珍しいです。ビックリしました。
20130306_135318_convert_20130306154131.jpg





明日は別仕事の都合によりブログ更新が休みです。次回更新は金曜日です。よろしくお願い致します。

下田






  • 町内情報あれこれ

こんにちは。今日も天気は快晴、花粉が飛び交っています。
連日春の陽気が続いておりますので、町内外の保育園や小学校の子どもたちは遠足に出かけているようです。皆さん遠足の途中にトイレ休憩などで松丸駅を訪れていかれますが、花粉対策でマスクを付けている人たちが多いです。この時期は本当に大変ですね。

梅・菜の花の見頃はまだ続いています。
IMG_7756_convert_20130305150235.jpg

金柑も各家庭の庭先などでたわわに実っています。
IMG_7772_convert_20130305150253.jpg
ふと足元に目をやると、土筆(つくし)がちらほら伺えます。
IMG_7785_convert_20130305150312.jpg

桜の木も蕾が膨らみ始めました。開花が待ち遠しいです。
IMG_7736_convert_20130305150209.jpg





今日は町内の情報を二つお伝えします。

まず一つ目の話題です。道の駅 虹の森公園 森の国ファームでは、苗木の販売をしております。
IMG_7726_convert_20130305131317.jpg

この時期見頃の梅の木をはじめ種類はさまざま。
IMG_7722_convert_20130305131301.jpg

一年中緑を楽しめる緑葉樹や・・・
IMG_7719_convert_20130305131226.jpg

実の生る木の苗木も。
IMG_7721_convert_20130305131246.jpg

新年度や春のはじまりに合わせて、記念樹などとしてこの機会に植えてみるのもいいかもしれません。





二つ目の話題です。今年の雷漬けの生産期も残りわずか。今日「雷漬け生産グループ」の皆さんのもとを訪れると、慌しく作業をされておられました。
IMG_7730_convert_20130305131351.jpg

ちょうど、4月7日(日)に行われる「第24回 まつの桃源郷マラソン大会」のランナーの皆さんに参加景品としてお配りする分を袋詰めしているところでした。
IMG_7727_convert_20130305131333.jpg

今年も本当にたくさんの方に雷漬けを手に取っていただきました。ありがとうございました。
今年最後の出荷は3月6日の予定です。道の駅 虹の森公園にある特産品売り場 などでお買い求めいただけます。
IMG_7731_convert_20130305131409.jpg

今日の話題は以上です。朝晩と昼の温度差がかなりあります。風邪などひかないようにお気を付けください。

下田
  • 旬のホウレンソウ と 若者の農業後継者 

こんにちは。松丸駅に新しいパンフレットが入ってきました。「よどせん散策まっぷ」というもので、三間・鬼北・松野にある各駅周辺の観光スポットがたくさん紹介されているものです。道の駅 虹の森公園などにも配布されておりますので、見かけたら手に取ってみてください。
IMG_7708_convert_20130304115846.jpg IMG_7707_convert_20130304115905.jpg





今日は、『今が旬のホウレンソウと そのホウレンソウを生産しておられる一人の若者』についての話題です。



生産されている方がこちらの豊永さん。平成生まれ、現在23歳です。若者の農業後継者不足が深刻化している時代に、自ら農業を選び 農業と正面から向き合い奮闘している豊永さんを取材してきました。
IMG_7693_convert_20130304115950.jpg

小さい頃から田畑に囲まれた環境で育ってきた豊永さんは、農業に触れる機会も多かったそう。ここ数年で徐々に増えてきた耕作放棄地を見かける度に「もったいないなぁ」という思いがあったと言います。
その思いから3年前に農業にチャレンジすることを決意し、農林公社で2年間研修をされました。
昨年7月に認定農業者になり、農家としての第一歩を踏み出した豊永さん。常に高い目標を抱えながら日々奮闘しているその眼差しは真剣そのものでした。
IMG_7697_convert_20130304120006.jpg

豊永さんの畑では、なるべく有機に近い形で栽培するために 除草剤や殺虫剤といった減農薬は使いません。
ホウレンソウには、寒気や霜の影響から防ぐための「不織布」という布がかけられています。
IMG_7689_convert_20130304115932.jpg

収穫する時間帯でも味が変わるので気を付けているとのこと。
豊永さんの作ったホウレンソウは甘みが多くあるのが特徴です。
IMG_7701_convert_20130304120027.jpg

豊永さんは言います。「大変なのも分かっとったけど、それ以上に野菜作りの楽しさはハマります。農業はどこまでいってもずっと勉強です。この魅力をもっとたくさんの方に伝えていきたいですね。」

現在、ビニールハウスも建設中で近々温室栽培もスタートさせます。稲作も今年から本格的に挑戦していく予定。松野町の将来の農業を担っていく若い力、これからの活躍に期待しています!


町内農家のみなさんが作ったホウレンソウは道の駅 虹の森公園 青空市場にてお買い求めいただけます。

ぜひ一度ご賞味ください。

下田
  • 目黒ふるさと館 ひな人形展 のご案内

こんにちは。今日は多くの高等学校で卒業式が行われました。今日、たくさんの方が新 社会人になられます。卒業生の皆さん、これからそれぞれの場所でそれぞれの夢に向かってがむしゃらに生きてくださいね。





明後日 3月3日(日)はひな祭りということで、今日は目黒ふるさと館で開催される『ひな人形展』の話題です。


目黒ふるさと館は、庄屋屋敷をイメージして建てられたものです。
蔵の展示室には「目黒山形模型」があります。これは 寛文5年(1665年)吉田藩領と宇和島藩領の境界争いの裁定のために製作されたもので、学術上 大変貴重な資料ということで国の重要文化財に指定されています。
DSCN0938_convert_20130301105031.jpg

また 館内には民具なども展示されていますので、当時のの生活や文化に触れてみて下さい。
なお、蔵の展示室のみ有料となっています。
DSCN0937_convert_20130301104925.jpg



まず、ひな人形展についての詳細です。

開催日時 3月8日(金)~4月15日(月)
開館時間 9:00~17:00
料金   観覧無料
休館日  水曜日
お問合せ 松野町教育委員会 TEL:0895-42-1118

ここから下の ひな人形展 の写真は平成18年に開催された時のものです。
IMG_2099_convert_20130301105050.jpg

今回のひな人形展では、明治~昭和までのひな人形を一同に展示します。
展示されるひな人形は、各家庭で大事に保管されていたものです。
IMG_2104_convert_20130301105111.jpg

今となっては大変珍しい御雛飾りもご覧いただけます。
IMG_2110_convert_20130301105125.jpg

開催期間が比較的長いので、ご都合の良い日に是非一度お立ち寄りください。
皆さまのご来館を心よりお待ちしております。

下田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。