~森の国からの風便り~ 松野町の今をここに・・・

愛媛県松野町の大自然の魅力や町内で催されるイベントについての情報を、お届けしていきます!

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • 第59回 不器男忌俳句大会の様子 と 次回イベント告知 について

こんにちは。昨晩の松野町は大雨でした。今日は打って変わって快晴です。雨が降った翌日はより多くの花粉が飛散するそうなので、花粉症の方はしっかり対策して症状がひどくならないようにお気を付けください。





今日は24日(日)に開催された『第59回 不器男忌俳句大会』についてお伝えします。

松野町山村開発町民センターにて 不器男忌俳句大会が開催されました。当日はたくさんの方にご来場いただきました。
DSC01145_convert_20130227111908.jpg

参加された皆さんは受付を済ませるとすぐに席題の投句を行いました。

下萌 か 遍路 のどちらかの単語を句に取り入れて俳句を作りました。約2時間の間に154句が投句されました。
DSC01138_convert_20130227111851.jpg

12:30より開会式が行われ、続いて兼題句評(投句数 886句)・児童生徒部門表彰式がありました。

児童生徒部門の入賞作品は以下の通りです。

小学校低学年の部
最優秀:「たいいくの日キリンもサイもはしってる」
優秀 :「ふゆ空にひこうきぐもがのびていく」
    「おとうとにけんかでまけた日冬の風」
    「冬空にこけてまた乗る一りん車」

小学校高学年の部
最優秀:「ばあちゃんとお茶のはもんでいいにおい」
優秀 :「母の日はわたしが一日お母さん」
    「ヒヨドリの大群空に黒い道」
    「鼻歌でもちをまるめる母とぼく」

中学生の部
最優秀:「雪だるまにんじんの鼻つけてやる」
優秀 :「冬が旬寒ブリ寒ボラ寒ガレイ」
    「うららかや海にうつった赤い橋」
    「成人を迎えた姉の晴れ姿」

高校生の部
最優秀:「雪が降る十七歳の自画像に」
優秀 :「夜は深けてえんぴつの音凍てつけり」
    「怒られる私のそばにきりぎりす」
    「会話なく別れた駅や毛糸解く」


各最優秀作品を詠んだ生徒の皆さんです。おめでとうございました。
DSC01170_convert_20130227111927.jpg

そのあと席題句の互選が行われました。皆さん真剣に句と向き合っておられました。
DSC01188_convert_20130227111952.jpg

最後に各賞に選抜された句を詠まれた皆さんに賞状が贈られ、今年も無事閉式となりました。

一般の入賞作品は以下の通りです。


兼題の部

愛媛新聞社賞:「大将の声で始まる亥の子唄」

愛媛県文化協会長賞:「共に晩節ふうふうと煮大根」

松野町長賞:「抽斗は過去への通路年の暮」

松野町教育長賞:「梁(うつばり)のひびの中まで煤払ふ」

松野町文化協会長賞:「段畑に日あり月ありみかん摘む」

葛句会長賞:「膝ついて墓にもの言ふ師走かな」


席題の部 (席題:下萌、遍路)

愛媛新聞社賞:「遍路宿こころの正座くづしけり」

愛媛県文化協会長賞:「下萌や三毛猫に部屋覗かるる」

松野町長賞:「草青むなかに昭和の芝居小屋」

松野町教育長賞:「せせらぎに水飲む遍路の片ピアス」

松野町文化協会長賞:「身の上は問わず語らず遍路宿」

葛句会長賞:「下萌に足投げ出してメール打つ」


各賞に入賞された皆さん、おめでとうございました。また、ご来場いただいた皆さんも本当にありがとうございました。
DSC01228_convert_20130227112013.jpg





ここから次回イベントの告知です。


3月17日(日)に『不器男の里を歩く 句碑めぐりの会』が開催されます。時間は13:00から、参加費は無料です。

松野町松丸地区には 俳人・芝 不器男の句が刻まれた句碑が何ヶ所にも設置されています。
今回は講師に 俳人・谷 さやん先生を迎え、一緒に句碑を見て周ります。各句碑前では谷 さやん先生によるピンポイント解説も行われます。
句碑めぐり終了後には、不器男記念館で谷 さやん先生による「不器男と家庭句会」と題したミニ講演会もありますので、是非ご参加ください。

参加にあたっては事前予約が必要です。松野町教育委員会まで電話で予約をお願いします。TEL:0895-42-1118
oiuy_convert_20130227112518.jpg

下田
スポンサーサイト
  • 昔々の松野町

こんにちは。今日は写真をメインにお伝えしようかと思います。

今回は松野町でむかーしむかしに撮影された貴重な写真を特別にお見せいたします。

まだ 松丸町 と 吉野生村 が合併して 松野町 になる前の写真もあります。

23歳の僕からしたら「あぁ~懐かしいなぁ~」なんて次元じゃない写真ばっかりです。

現在松野町に在住の皆さま、松野町を離れて各地で活躍されている皆さま、今度松野町を訪れてみようかと興味を持っていただいている皆さま・・・などなど、様々な方に読んでいただいているこのブログ。今の松野町になるまでのルーツを少しでも知っていただいて、もっと「松野町」のことを好きになっていただけたらと思います。

それでは始めます。





昭和30年3月31日に 松丸町 と 吉野生村 が合併し 松野町 となりました。これはその記念すべき年に撮影された写真です。こちらの写真は現・松丸駅周辺の様子、中央に見えるのが大門橋です。河後森城から撮影されたものです。
譏ュ蜥・0蟷エ縺ョ螟ァ髢€讖句捉霎コ竭_convert_20130226140904

大門橋です。写真右奥には 来年の春に取り壊しが決まっている松野中学校が写っています。
螟ァ髢€讖銀蔵_convert_20130226141130

その後、橋の道幅を広げるため 新たな大門橋が作られました。
螟ァ髢€讖銀贈_convert_20130226141146

橋桁は赤色です。河川敷には大きな看板も設置されています。
赤い橋は当時の松野町のシンボルでもありました。
螟ァ髢€讖銀造_convert_20130226141201

ちなみに、現在の大門橋がこちら。今も昔も、大門橋は松野町になくてはならない存在です。
IMG_7684_convert_20130226142756.jpg

こちらは昭和初期の松丸町役場です。明治村当時から役場は大字松丸に置かれていました。
譏ュ蜥悟・譛溘・譚セ荳ク逕コ蠖ケ蝣エ_convert_20130226141326

戦時中の松丸の中心街の様子です。各店の軒先には幟が立てられています。松丸村は伊予と土佐の県境に位置しているのでたくさんの人が行き交っていました。
謌ヲ譎ゆクュ縺ョ譚セ荳ク縺ョ荳ュ蠢・。誉convert_20130226141112

こちらは永昌寺の鐘楼門です。河後森城の山門を移築したといわれていました。月日が流れるとともに老朽化が進み、昭和48年(1973年)の台風で倒壊してしまいました。
豌ク譏悟ッコ縺ョ髏俶・シ髢€_convert_20130226141034

こちらは旧・松野西小学校で行われた水泳大会の様子です。校舎はまだ木造建築、松野町スポーツ交流センターもまだありません。鉄筋コンクリート二階建ての新校舎は昭和59年8月に落成しました。
譌ァ譚セ驥手・ソ蟆丞ュヲ譬。豌エ豕ウ螟ァ莨喟convert_20130226141053

こちらは吉野生村の展望です。写真中心を広見川が流れています。
蜷蛾㍽逕コ邨・・螻墓悍繧キ繝」繝シ繝礼キィ髮・convert_20130226141012

こちらは葛川の沈下橋。昭和25年の写真です。
闡帛キ昴・豐井ク区ゥ具シ域亊蜥・5蟷エ・雲convert_20130226141223

現在の葛川の沈下橋がこちら。橋の一部が流されているため使用することはできません。
48431867_624_convert_20130226164634.jpg

こちらは昭和26年に吉野会館で行われた のど自慢大会 の様子です。
譏ュ蜥・6蟷エ縲€蜷蛾㍽莨夐、ィ縲後・縺ゥ閾ェ諷「縲埼「ィ譎ッ竭_convert_20130226141303

今でも受け継がれている秋祭りの風習、町内の各家庭を牛鬼が練り歩き 1年間の邪気を払う伝統行事の貴重な写真です。
遘狗・ュ繧翫→迚幃ャシ_convert_20130226140807

そして最後に、現在も滑床渓谷にある 万年荘 が完成した直後に撮影された写真です。
今では キャニオニングやツリーイングといったアウトドアスポーツのベースキャンプ、「滑床アウトドアセンター」として、使用されています。
螳梧・逶エ蠕後・貊大コ贋ク・ケエ螢ョ_convert_20130226140952

以上です。
当然のことですが この時代があったからこそ今があるわけで、古きを知ることで現在当たり前のようにあるものがどれだけ感謝するべきものなのか 再確認することができます。
昔を知った上であらためて松野町を探索してみてください。素敵な発見がたくさんあると思いますよ。

下田
こんにちは、下田です。ご無沙汰の更新ですいません。

日に日に気候も穏やかになり、春の訪れを肌で感じれるようになってきましたね。
時折冷たい風が吹くので まだコートは手離せませんが、今日みたいな晴天の日は絶好のお出掛け日和です。町内の保育園児達も今日はみんなで散歩をしていました。

花粉症の方はすでに症状が出て、大変苦労されているみたいですね。なんでも今年の花粉は 汚染空気と接触することで爆発し、さらに細かな粒子になり飛んでくる んだとか。その分症状もひどくなり、新たに花粉症になってしまう人もいるそうです。中国の大気汚染問題は、こんな身近な所でも深刻化していますね。皆さん、くれぐれもお気を付けください。





さて、今日は町内の至る所に訪れた『春』をお伝えしたいと思います。



こちらは吉野地区の梅畑。今ちょうど満開時期です。
IMG_7627_convert_20130225130232.jpg

畑に近付くと、梅の甘い香りに包まれました。
IMG_7630_convert_20130225130250.jpg

吉野地区 やなせ、梅の木に覆われた丘です。
IMG_7647_convert_20130225130350.jpg

満開の梅の木が辺り一面に。最高のお花見スポットです。
IMG_7632_convert_20130225135645.jpg

たくさんのミツバチがせわしなく梅の花の蜜を運んでいました。
IMG_7641_convert_20130225130312.jpg

こちらは しだれ梅 です。こちらもピンク色の花を満開に咲かせました。
IMG_7655_convert_20130225130422.jpg



畦道や農家さんの畑に目をやると、菜の花が黄色い花を満開に咲かせています。
IMG_7652_convert_20130225130406.jpg



延野々地区 五郎丸を車で走っていると、農家の「森田さん」が 桃畑 で作業をされていました。

声をかけると この時は「貝殻虫という害虫から桃の木を守るためにマシン油を吹きかけている」ところでした。

マシン油は化学薬品ではありません。貝殻虫に吹きかけることで、油分で虫を窒息させて駆除するために用いられます。
IMG_7666_convert_20130225130452.jpg

こちらが 貝殻虫 です。放って置いたらこの虫が養分を吸い取ってしまい、木が枯れてしまうそうです。

「蕾が芽吹く前にこの作業を終わらせておかないといけないからね、芽吹いた蕾に油がかかると枯れちゃうんだ。4月には桃源郷マラソンもあるし、今年も立派な桃を作ってみせるよ。」と、森田さんはおっしゃっていました。
IMG_7658_convert_20130225130437.jpg

丹精込めて作られた桃、今年も楽しみにしています。頑張ってください!

下田
  • 野武士、初搾り!

オイッス!

久々のブログ更新です。(個人としては…)

今日は、松野町の生み出した地酒「野武士」の初搾りを二日に渡り取材してきました。

まずはこちら

IMG_7561 (800x600)

初搾りを一口、戴きました(イェーイ!)
(本当なら、飲み干したいのですが…なんせ仕事中なので…残念!!)

僕個人としては、清酒は好きではないのですが、

これは、口に入れた瞬間に「うまっ?! あっまーい!」

と、思わず口に出して言ってしまいました。


…ちょっと脱線しましたが、初搾りの取材なので

初搾りの工程を少し写真を織り交ぜて説明をしたいと思います。

まずはこちらをご覧下さい。
IMG_7569 (800x600) IMG_7567 (800x600)

IMG_7583 (800x600) IMG_7563 (800x600)

左上の写真は、みなさんお解りかとは思いますが、原酒の状態です。

これを、古い発動機でホースを使って50メートルほど引っ張り、

右上の写真の「ふね」と呼ばれる木枠に左下の写真の様に袋に詰めていきます。

これを繰り返し行い右下の写真の様にしていきます。

その工程が終わったら左下の写真の上の所にある押し蓋(油圧式)で押しつぶします。

そしたら…
IMG_7562 (800x600) IMG_7590 (800x600)

この様に、木枠の隙間を抜けてお酒が沢山出てきます。くーう!

なんと、一回目の工程で900リットルものお酒が出てくるそうです。

これで、一日目の取材終了!


続いて二日目。

二日目の工程は酒粕を作る工程です。

ますはこちらをご覧下さい。
IMG_7598 (800x600) IMG_7602 (800x600) 

IMG_7603 (800x600) IMG_7607 (800x600)

水分が大分抜けていて前日の状態より明らかに小っちゃくなっていました。

それを仕上げ工程用の「舟」に移し

右下の様になるように並べていきます。

それを…
IMG_7613 (800x600)

この様な状態でジャッキに掛けさらに水分を抜いていきます。
IMG_7614 (800x600)

あんなに潰れていた袋の状態でも、「これ程水分が残っていたのか?」っと、思うほどお酒が出ていました。

ちなみに完成品の酒粕はこちら
IMG_7615 (800x600)

それからお酒が完成するまでの工程を聞いたのですが、

4工程から5工程ほどあるみたいで、覚えきれませんでした…(反省↓↓)

これにて「野武士初搾り」の取材は終了です。

ちなみになのですが、今年はお酒の値段が少し上がるそうです。

一升瓶あたり 2,700~2,800円くらいになるとの事。
img_502939_12386077_7[1]

販売に関しては来週くらいから販売されるそうです。

  お問い合わせ

  店舗名   (有)正木正光酒造所
  創業     明治38年(1905年)
  創業者     正木正光
  代表者   
  代表取締役  正木啓介

  TEL 0895-42-1128
  FAX 0895-42-1129
  住所 〒798-2101 愛媛県北宇和郡松野町大字松丸178

  従業員数  3名

  蔵元見学  可(10日前までに事前連絡必要有り、駐車場5台まで)


それに、先日Yohooニュースにて行われたスペイン料理に合う愛媛酒というので選ばれたとの事

詳しくはこちらへ
スペイン料理に合う愛媛酒



明日・明後日の2日間、観光宣伝隊は松山出張です。そのため、ブログ次回更新は来週月曜日。更新頻度が少なくなってしまい申し訳ありません。


では、今日はこのへんで

バーイ!

渡辺
  • 森の国ガラス工房 おひなまつり展

こんにちは。いよいよ週末。明日・明後日は土日休みという方もたくさんおられるのではないでしょうか?
そんな週末の観光やショッピングにオススメの「道の駅 虹の森公園」は、観光客の方だけでなく地元の人でも思う存分楽しむことのできる人気スポットです。

そこで今日は、虹の森公園内にある「森の国ガラス工房」で好評開催中の『おひなまつり展』を紹介をします。
開催期間は4月3日までです。
IMG_7473_convert_20130215133711.jpg




ひな祭り・・・
3月3日の桃の節句に雛人形を飾って女の子の健やかな成長と幸せを願います。
菱餅の3色は、「赤が疫病除け・魔除け 白が清浄 緑が邪気を祓う」と言われています。また、桃の花を飾っても魔除けになると言われています。
お料理として出されるハマグリは夫婦和合の象徴とされています。



今回 森の国ガラス工房では、ガラスで作られたミニ雛人形を販売しています。ここにしか売っていないオリジナル作品を含めた約100点が並べられています。
IMG_7466_convert_20130215133620.jpg

ここにある雛人形、なんといってもバリエーションが豊富。人形の顔の表情が描かれているものもあれば、シルエットは雛人形なのに 絵柄はガラス細工特有の風や雲を描いたような色使いのものも。中にはペアの香水入れにもなる雛人形も!これだけ数があると迷いますね。
ワンコインで購入できるものから 数万円する貴重な1点物の商品まで、種類はさまざまです。
旅行のお土産に・大切な人への贈り物に・お節句の記念に・・・と、皆さん自分の思いに見合った商品を選んでください。
IMG_7475_convert_20130215133745.jpg

オリジナル作品は、森の国ガラス工房に勤務されている2人の職人の方の手で作られています。
職人によって出来上がった時の色が変わるんだそうです。
IMG_7469_convert_20130215133636.jpg

この週末は、おさかな館とあわせて 道の駅 虹の森公園 へ是非お越しください。
IMG_7472_convert_20130215133652.jpg



森の国ガラス工房
営業時間:10:00~17:00
定休日 :毎週水曜日
お問合せ:TEL 0895-20-5006

下田
  • シロウオ展のご案内

こんにちは。今日はバレンタインデーですね。出勤するまで忘れていました。笑
男3人の我々 観光宣伝隊もたくさんのチョコレートを頂きました。中には バレンタインチョコ ならぬ バレンタイン巻き寿司 といった、珍しいプレゼントも頂きました。皆さま、本当にありがとうございます。
IMG_7465_convert_20130214160346.jpg





では、今日の話題です。

道の駅 虹の森公園内の「おさかな館」にて、現在 2月28日(木)までの期間限定で『春の風物詩 シロウオ展』が開催されています。
IMG_7456_convert_20130214160312.jpg

シロウオとは・・・
シロウオは、1年で生涯を終える「年魚」と呼ばれる魚です。繊細でガラス細工のような体をしていて角度によっては虹色に輝くことも。
「シラウオ」と姿・形が大変よく似ているため 混称されることが多いのですが、本当は全く違った魚です。
早春になると産卵のため川を遡上ってくるので、「春を告げる魚」としても有名です。
愛媛県では、毎年1月の最終日曜日に 宇和島市津島町の岩松川河川敷 で開催される「しらうおまつり」が有名です。
IMG_7447_convert_20130214163231.jpg

今回は おさかな館副館長の「山本さん」にお話をお伺いしました。

シロウオの飼育で心がけていることはなんですか?と尋ねると、山本さんは『一番は水温ですね。できるだけ水温を低くして飼育することでシロウオを綺麗に見せることができます。シロウオは年魚で 産卵時期は早春、なので産卵を終えたシロウオからどんどん死んでしまいます。水温を低くして冬の環境を長く保つことで産卵時期を遅らせ、展示期間の2月いっぱいは生きるように調整しています。』とおっしゃっていました。

水槽の中には、まだたくさんのシロウオが泳いでいます。今が最高の見頃です。
IMG_7452_convert_20130214160256.jpg

シロウオの巣作り・産卵・子育ての様子を観察できるブースもあります。
実際に巣の様子を覗いてみましたが、小さな命が一生懸命いのちを繋げようとしている姿がとても美しかったです。
IMG_7458_convert_20130214160326.jpg

シロウオの生態を観察できる貴重なチャンス、是非一度 虹の森公園「おさかな館」に足を運んでみてください。



おさかな館
営業時間:10:00~17:00
入館料 :大人¥800 小・中学生¥400 3歳以上¥200
定休日 :毎週水曜日
お問合せ:TEL 0895-20-5006

下田
  • 滑床写真展開催します

こんにちは。近頃の日中の日差しは まさに小春日和といった感じ。気温も穏やかで暖かいですね。花粉症の方はそろそろ症状が出てきた頃ではないでしょうか。
その一方で、時折吹く風にはまだツンとした冷気が残っていて肌寒く感じることもあります。
朝晩の冷え込みもまだ厳しく、油断したらすぐ風邪やインフルエンザにかかってしまいそうです。

今がちょうど季節の変わり目、厳しい寒さもあと少しです。





さて、今日は写真展のお知らせです。

明日2月14日(木)~3月15日(金)まで、松丸駅構内 ふれあい交流館展示ギャラリー にて『滑床の森写真展 ~冬の思い出~』を開催いたします。

撮影者は、森の国ネイチャーガイドとしても活躍中の「久保田慶蔵さん」です。

季節が春に染まりきってしまう前に、この冬のさまざまな表情をとらえた写真を展示致します。

久保田さんの写真は、渓谷の自然が作り出した氷や雪の造形美・厳しい冬を乗り越えていく生き物の姿を鮮明にとらえています。



今回はこのブログを読んでいただいている方だけに 特別に数枚の写真を公開します。
個展会場では展示枚数に制限があるため、全ての写真を飾ることはできません。
今回ここで公開するのは、そのために 泣く泣くお蔵入りとなってしまった貴重な写真です。

DSCF2587_convert_20130213161330.jpg

2010_0114_125024-IMG_2430_convert_20130213161004.jpg

2010_0114_130230-IMG_2462_convert_20130213161049.jpg

2011_0131_160920-IMG_7276_convert_20130213161312.jpg

2010_0114_134057-IMG_2492_convert_20130213161143.jpg

2010_0116_114058-IMG_2551_convert_20130213161230.jpg



どうですか?是非ふれあい交流館の個展会場にも足を運んで、ゆっくり「冬の滑床」を満喫してみてください。


久保田さんの 森の国通信Blog はこちら。→ここをクリック

下田
こんにちは、下田です。また、しばらくの間更新が滞っていました。申し訳ありません。

本日のブログから「画像の拡大機能」を追加しました。今までも何度かこの機能を追加しようと試みてはいたのですが、なかなかうまくいかず・・・ですが ついに今日、ようやく設定が出来ました!
PCでご覧になられている皆さまは 写真 をクリックしてみてください。同窓で拡大写真を表示します。もう一度画面をクリックすると写真を閉じます。
スマートフォンでご覧になられている皆さまも 写真 をタップしてみてください。今までより拡大写真が見やすくなりました。
これからも町内の風景など、魅力的な写真をたくさん載せていきます。よろしくお願いします。





では、本日の内容です。
今日は 県庁でのお弁当販売の様子、大阪 てんま天神梅まつりの様子 をお伝えします。



先週8日(金)に、二回目となる県庁でのお弁当販売を行いました。
町内の食材を使用した幕ノ内弁当、いちご大福・雷漬け・苺といったこの時期にしか味わえない季節の食べ物、あられ・おまんじゅう・クッキーなどのおやつ などなど・・・さまざまな食べ物を販売しました。
IMG_7347_convert_20130212132325.jpg

前週に完売した商品は大幅に個数を増やしての販売です。
IMG_7344_convert_20130212132308.jpg

正午になると同時に、今回もたくさんの方が足を運んでくださいました。
瞬く間に売り切れていく商品。本当にありがたい限りです。
IMG_7362_convert_20130212132341.jpg

10分後にはこの状態。またしても完売した商品が続出。この後もたくさんの方がお越しになり、食後や午後のおやつに と、クッキー・おまんじゅうなどをお買い求めいただきました。

お越しいただいた皆さま、本当にありがとうございました。今週15日(金)もよろしくお願い致します。
スタッフの皆さま、お疲れ様でした。
IMG_7366_convert_20130212132408.jpg





次に、てんま天神梅まつり の様子をお伝えします。

平成25年2月8日(金)~3月10日(日)の間、大阪市北区で『てんま天神梅まつり』が開催されています。

期間中は参集殿にて、樹齢200年を越える古木や、50鉢以上の銘木を展示する「大盆梅展(大人500円・小学生300円)」も開催されています。
その他にも、陶器市・梅酒大会・アームレスリング大会などが境内にて開催されます。

我々 森の国観光宣伝隊も9日(土)に てんま天神梅まつり~全国人気キャラクター人形パレード~ に参加し、松野町をPRしてきました。
IMG_7373_convert_20130212132427.jpg

パレードしたのは、大阪市北区にあるアーケード商店街「天神橋筋商店街」。 南北に2.6キロメートルあり、600もの店舗がある日本で一番長い商店街です。
IMG_7385_convert_20130212132445.jpg

松野町のゆるキャラ「のぶしくんといよびじんちゃん」が大阪天満宮を目指して約1キロの道を歩いてくれました。
のぶしくんといよびじんちゃん は、たくさんの方と握手や記念撮影をしていました。


松野町のゆるキャラを初めて見たという人にも「かわいいねー」と声をかけていただきました。
ゆっくり歩きながら40分かけて神社に到着!
IMG_7396_convert_20130212145749.jpg

境内では それぞれのゆるキャラの自己紹介や 各地方の観光PRが行われ、我々も観光宣伝隊のメンバーとゆるキャラで松野町のPRをしました。
IMG_7417_convert_20130212132531.jpg

もっとたくさんの方に松野町の魅力を、そして松野町のゆるキャラを知ってもらうために、今後もさまざまな場所に出向いて観光PRを行います。
この3連休は、たくさんの人に出会い たくさんの人に松野町を知ってもらうことのできた、素敵な時間になりました。
ゆるキャラパレードにお越しいただいた皆さま、ありがとうございました。

下田

こんにちは。しばらくブログ更新が滞っておりました、毎日チェックしていただいておられる皆さま、大変申し訳ありませんでした。

今週4日(月)に立春を迎え、暦の上では春になりました。天気予報では 昨日 と 今日 は激しく冷え込み、雪が降ると言っていましたが、本日の松野町は清々しい青空が広がっています。
朝布団から出るのが辛かった冬もあと少し。だんだんと気候も穏やかになり 春を感じられるようになってきています。

町内で時々このような、ほぼ満開状態の梅の木を見かけます。
他の梅の木はまだ蕾の状態で 1割も花が咲いていないものが大半ですが、稀にこのようにせっかちな木があるんです。桜にしても、モミジにしても、必ず何本かのせっかちな木があります。どれも同じように見える木でも、それぞれ個性があるようです。
IMG_7333_convert_20130206132923.jpg





さて、ここ数日 我々観光宣伝隊メンバーは松野町外の場所でPR活動を行っておりました。
こちらは我々が使用している宣伝カー。1度見たら忘れない、インパクトのある車です。
IMG_7237_convert_20130206132655.jpg



先週金曜日は、道の駅虹の森公園のスタッフの方と一緒に、「愛媛県庁」で松野町の特産品や 町内の食材を使ったお弁当などの販売を行いました。
IMG_7258_convert_20130206132746.jpg

これだけ用意した商品の数々が・・・
IMG_7256_convert_20130206132730.jpg

1時間もしないうちにほぼ完売。中には5分で売り切れた商品も!
お買い求めいただいた皆さま、ありがとうございました。
2月中の毎週金曜日は、12時~13時の間 県庁内で松野町商品の販売を行います。お近くの皆さま、足を運んでみてはいかがでしょう?
IMG_7266_convert_20130206132804.jpg

また、松山市ロープウェー街にある「えひめ愛顔の観光物産館」(愛称:愛あいプラザ)では 2月1日(金)~2月26日(火) までの間、「松野町フェア」を開催しています。
梅そうめん・雷漬け・お茶 などの特産品を販売中。こちらも是非、お立ち寄りください!
IMG_7246_convert_20130206132715.jpg





話題は変わりまして、昨日5日(火)はキャニオニングPR活動のため 我々観光宣伝隊は高知県へ向かいました。

昨年大盛況だったキャニオニング、滑床渓谷の滑らかな岩肌を利用して行われるこのリバースポーツが、今年もまた開催されます!今年はコースやアトラクションを新設し、昨年とはまた一味違う楽しみを提供してくれます!

高知県高岡郡四万十町 窪川地区まで高速道路が延伸したので、高知方面から松野町へのアクセスが今までより容易に。そこで、高知県民の方にもっと広くキャニオニングをPRして滑床に足を運んでいただこうと思い、今回は高知方面へ行ってきました。

民宿・温泉・アウトドア施設・道の駅・市役所など、様々な場所へポスターやパンフレットを配布し、キャニオニングの魅力を伝えました。
IMG_7292_convert_20130206132820.jpg

今年の滑床の夏が、昨年以上の盛り上がりを見せるように我々も尽力します!
蝨滉ス・鬲夊除蟶ょエ+(2)_convert_20130206133120

フォレストキャニオンホームページはこちら。→ここをクリック
スタッフの方が定期的にブログを書かれています。こちらもチェックしてみてください。



昨年のキャニオニングの写真がこちら。写真からも伝わってくる爽快感です。
IMGP0930_convert_20130206132950.jpg

繧ュ繝」繝九が繝九Φ繧ー603_convert_20130206133018

繝輔か繝ャ繧ケ繝医く繝」繝九が繝ウ5_convert_20130206133038

繝輔か繝ャ繧ケ繝医く繝」繝九が繝ウ6_convert_20130206133101

以上が本日の話題です。

明日 7日(木)はキャニオニングPR活動のため、ブログをお休みします。
明後日 8日(金)は県庁にて物販販売を行いますので、こちらもブログをお休みします。ご了承ください。

9日(土)は『大阪天満宮 てんま天神梅まつり 全国ゆるキャラパレード』に、松野町のゆるキャラ のぶしくんといよびじんちゃん が参加します。お近くの方は是非、会場に足を運んでみてください。
259_kabe_pc_1280_convert_20130206163035.jpg

下田
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。